卒業生・ゲストの声

社会へ踏み出す前に気づいたこと
卒業生・ゲストの画像
  • 2011年 卒業
  • 今村啓人さん
  • 職業:会社員

1)北外に本科留学(短期でも良い)することのメリットや留学を通しての感想
私は、高校卒業と同時に、中国留学を決意しましたが、 特に中国に縁やゆかりがあった訳ではありませんでした。

 

高校までサッカーしかしてこなかった私がまさか海外の大学に進むなんて夢にも思っていませんでした。 「これまでサッカーしかしてこなかった自分からサッカーをとってしまったら何も残らない大学卒業時に同じことを思ったらどうしよう」という思いがきっかけで「0から何かに挑戦したい」「未知の世界に飛び込み、自分の可能性を試したい」と中国の大学で語学の勉強をする決意をしました。

 

いざ、中国に行ってみると、とにかく沢山の人。色々なバックグラウンドを持っており、価値観、世界観、考え方、教育環境、とにかくこれまで一つのことしかしてこなかった自分にとって、刺激的以外何者でもなかったです。自分が如何に狭い世界で、同じような価値観の人たちの中にいたのか中国にいかなかった自分を考えると今でもゾッとします。

 

また私はこれまでやってきたサッカーを使ってもっと沢山の人と交流がしたいと韓国人のサッカーチームにも入りました。それから韓国にとても興味を持ち、大学2年の時には延世大学にも短期留学をし卒業する頃には、4年間学んだ中国語よりも話せるようになっていたのも、ある日真夜中の2時に仲良くしていたドイツ人の友人に相談があると呼び出され「とにかく自分に聞いてほしかった、自分の意見を聞いてみたかった」とこんな時間にもかかわらず、決して得意ではない中国語を使ってでも自分に相談してきた経験も一つ価値観が変わった瞬間でした。とにかく色々な人から様々な刺激を受け、自分の世界を広げることで語学以外にも学びの多い4年を過ごすことができました。

 

 

 

2)北外卒業生としてNFLOに対する期待
私自身、この4年間沢山の価値観や考え方に触れる中で本当に大きく変われたと思います。
ただ、一つだけいうと、「考えて、実践」という機会は今社会人になって もう少し意識的にしておくべきだったと感じています。

 

現在、私は渋谷のあるITベンチャーに務めておりますが
今ものすごく社会の変化の速さを目の当たりにしており、これまで求められていた“課題設定型人材”から“自律型変革適応人材”がこれからの時代求められると言われています。つまり、如何に常に自律的に考え、行動できるかが必要になっています。そこでNFLOでは【考える力】【社会への適応力】【実践的語学力】のプログラムを【教育】【文化】【経済】【環境】のいずれかのテーマに沿った活動を 学生の内から実践できるのはとても理想的だと思います。

 

 

 

3)北外中文学院を卒業した方のメッセージ
是非、一度日本を飛び出し、中国で自身の視野を広げてみてください。
一度海外へ行くと、より日本の良さを感じることができますし
何よりも自分自身の未熟さ、可能性を見つけることができると思います。