現地便り

現地だより 2017年2月号

2017年2月も終わりに差し掛かりました、まだまだ厳しい寒さが続きますが、皆様如何お過ごしでしょうか?さて、本日もこの現地だよりの時間がやって参りましたので、早速2月現地中国北京の模様をご報告致します。

 

2月では、NFLO東京オフィスより短期留学生が中国北京へ到着致しました。中国北京に到着した学生さんより、キラキラとした表情、新しいステージに到着し、がんばるぞという意気込みを伺うことができました。更に、短期留学生到着の21日には北京は大雪に覆われ、まさに学生さんを迎えるようでした。どうやら、中国北京にて2月の下旬に雪が降ることは大変珍しいとのことでした。出発地である、東京羽田では想像できない寒さであったため、到着早々突然の雪に圧倒されたご様子でした。学生さん本当にお疲れ様でした。また到着後早々、必要なものをいち早く揃えるべく、あっちへ行ったりこっちへ行ったりととてもハードな時間を過ごしましたね。銀行カードや、スマホのこと、新たな土地にて生活を始めるため、どうしてもハードなスケジュールとなってしまいます。後半は、スタッフがその場にて必要な中国語を学生さんへ直接教え、学生さんが自分でやってみるという形式を取りました。食堂にて、初めて自分で注文できた時は、本当に嬉しそうでした。よく頑張りましたね。緊張を乗り越え、今後様々なことへトライして頂きたいと思います。

 

必要な手続きを終えた後には、市内観光として北京の有名スポットである「南锣鼓巷」と「后海」を観光しました。天気にも恵まれ、いい天気での市内観光を行うことができました。

 

また本日27日より授業が始ります。新しい環境の中での、最初の一歩はとても緊張するものです。中国語をいち早く習得し、中国北京にてのびのびと頑張って頂けたらと思います。

 

それでは、この辺にて2月の現地だよりとさせて頂きます。最後までありがとうございました。

 

北京外国語大学NFLO東京オフィス現地コーディネーター 小松洋大