information

学生募集につきまして

2017.04.24

来年度の学生募集は、北京外国語大学の留学生増加に伴い安定した寮の確保が難しいため、

一時募集を停止させて頂きます。

募集を考えている学生のみなさんにはご不便をおかけしてしまい、申し訳ございません。

状況が変わり次第、informationにてご報告したします。

北京外国語大学中文学院NFLO東京オフィス

Youtubeの更新に関しまして

2017.03.3

大変ご好評いただいている当校現地コーディネーターのYoutubeですが、

只今更新をストップしております。

大幅リニューアルを加えて戻ってまいりますので、しばらくお待ちください。

 

北京外国語大学中文学院NFLO東京オフィス

サイト内情報更新につきまして

2017.03.1

2017年9月入学、2018年4月入学の情報を更新いたしました。

費用などの情報も併せて更新されております。

また新しく短期留学の情報もホームページ上で閲覧することが出来るようになりました。

更に中国語対応の連絡先の選択肢としてWeChatでの対応も始めました。

今後も進化していくNFLOをよろしくお願いします。

 

北京外国語大学中文学院NFLO東京オフィス

中文咨询/中国語でのご案内

2017.02.28

 

关于中文咨询可通过我们微信进行。
欢迎电话咨询但因中文担当有时需出差去往国内,通过微信咨询可及时回复。请谅解给您带来的不便。

 

中国語でのご案内は当校WeChatアカウントでお願いします。

電話でのご対応も可能ですが、担当者が不在の時もございますのでご了承ください。

北京外国語大学NFLO東京オフィスWeChatアカウント

北京外国语大学NFLO东京Office
微信账号:bfsu-nflo

平成29年度4月入学募集締め切りについて

2017.01.17

平成29年度4月入学の募集締め切り日はビザの申請手続き等の関係から、

2月28日となっております。

なお上記締め切り日は願書提出の締め切り日です。

まだ募集定員に達しておりません。

みなさまの願書提出をお待ちしております。

冬期休業のお知らせ

2016.12.16

年末年始のNFLO東京オフィスの営業は12/28~1/4までお休みとさせていただきます。

引き続き願書の受け付けもしておりますので、よろしくお願いします。

NFLOホームページモバイル対応しました!

2016.10.7

お待たせいたしました!

ホームページのモバイル対応が完了しました。

以前よりも見やすく、様々な情報にアクセスしやすくなっています。

今後とも北京外国語大学中文学院NFLOのホームページをよろしくお願いします!

ホームページリニューアル!!

2016.09.26

ホームページのリニューアルを行いました!

 

これまでより見やすく、情報量も増えました!

またNFLO BLOGと現地便りも順次更新を始めます。2つのBLOG形式の投稿で中国現地の情報と日本からの情報発信を行います。

スマホ対応については来月中旬以降を予定しています。

 

今後も飛躍していくNFLOをよろしくお願いします!

北京外国語大学NFLO公式Youtube始動!

2016.08.31

動画配信サイト「Youtube」にて現地コーディネーター小松が中国の情報をお送りするチャンネルを作りました。

これから続々と中国語の学習方法、中国現地の様子など様々な情報を配信する予定です。

ユーモラスな小松のキャラクターが存分に発揮されています。

下記リンクよりぜひお楽しみください。

https://www.youtube.com/channel/UCOBwZXLXLrsCei0j5C8Dt_Q

 

願書提出の際の注意点

2016.08.29

願書作成時の注意点が何点かございます。

 

・出願時に調査書は必ずしも必要ではありません。学校によっては調査書の発行が遅い場合もあるので、その場合は入学手続き時に提出してください。

 

・また調査書を提出して頂いた方に関しては、調査書の内容によって合否が左右されることはございませんのでご安心ください。

 

・出願時に最低限提出頂きたいのは、入学願書、小論文、以上2点となります。

 

・受験料につきましては面接日程通知時に送付させて頂きますので、面接当日前にお支払いいただきますようお願い致します。

 

・今年の小論文のテーマは

1. 現在の日中関係及び今後の日中関係における自身の考え

2. あなたが思う「国際人」とは

3. 本来あるべき留学の形、あなたが理想とする留学

以上の中から1つテーマを選び、800字~1200字程度でまとめてください。

なお小論文は手書きでなくても大丈夫です。