よくある質問

もし病気や怪我をしたらどうすればいいですか?

A.病気や怪我について。北京には、日本人の医師が勤務している病院や診療所がいくつかあります。
まずは現地コーディネーターである小松に相談を。
出国前における入学手続きの段階で、日本でかける旅行傷害保険が利用でき、たいていの場合はそれでまかなわれるため、問題ありません。

連絡をとるための最適な方法はありますか?

A.連絡の取り方について。
スマートフォンをご利用の場合は、“WeChat(微信)”というアプリを利用することをお勧めします。
日本でいう“LINE”のようなアプリで、そのユーザー数は6億人を越えており、世界各国多くの人々に利用されているアプリです。
電話やメール等を無料で利用できることは当然のこと、多機能にわたり生徒の私生活を支えてくれます。なお、現地到着後の買い物の時間にて、現地コーディネーターの小松が皆さんの携帯電話購入にも付き添います。
参考価格:スマートフォン:1000元~/旧来の携帯(基本的に電話とショートメールのみ):350元~

金融機関は何を利用すればいいですか?

A.銀行口座に関して:現地到着後の翌日、現地コーディネーターの小松と共に「中国銀行」にて、現地の銀行口座を開通致します。
これにより、保護者様から生徒個人に対する日本国内からの生活費等のお振込も可能となります。

next page“NFLOについて”を見る