NFLOブログ

進化する!

2017.02.17

みなさんこんにちは。
北京外国語大学中文学院NFLO東京オフィスの本間です。

 

今日は暖かく、春一番が吹いたところもあったみたいですね!

春の訪れが近いようです。

みなさん如何お過ごしでしょうか?

願書の受け付けも残り2週間を切りました!

頑張って小論文を書いてる方は、頑張ってください!!

 

 

みなさん好きな中華料理はありますか??

私は最近とてもハマっている中華料理があります!

それは

木須肉(ムーシーロー)

です!

この料理は、きくらげと豚肉の卵炒めです。

大阪王将さんでお昼木須肉を食べてからハマっちゃいました!

なんでも中国料理の定番らしいですよ~。

最近ではセブンイレブンでもおかずとして置いてあったりと、

身近なものになってきてるんですかね?

とにかく美味しいですよ~

少し前に中華料理のお話をさせてもらったと思います。

読んでない方は、

そちらもついでにぜひ読んでくださいね!

 

中華の人気な料理と言ったら何でしょうかね~?

エビチリとか麻婆豆腐、餃子とかですかね。

餃子の話を少ししましょうか。

中国で餃子と言えば水餃子というのはみなさんご存知だと思います。

しかし餃子が主食として食べられているのはご存知でしたか?

私はNFLOのメンバーになるまでは知りませんでした。

代表の佐藤もよく、

「餃子定食ってなんか違う気がするんだよな~」

と言っています。

主食同士なのでパンをおかずにご飯を食べてるような感じのようです。

でも日本で主食同士の組み合わせってよく見ますよね。

例えば、ラーメンライスとか炒飯ライスとか。

お好み焼きにご飯、うどんにおにぎりっていうのもありますよね。

そう思うと主食同士多いかも。

 

餃子に戻りましょう!

餃子というのは世界的な食べ物というのはご存知ですか?

というのも小麦粉の皮に包む食べ物というのは、

古代メソポタミア文明からあるそうです!

それが各国で独自の進化を遂げて違う料理として、存在しているようです。

インドのサモサ、韓国のマンドック、トルコのボレク、ロシアのペリメニ、

これらは全部小麦粉で具を詰めたものです。

それぞれに特色のある料理となっています!

ちなみに私はサモサとペリメニは食べたことありますよ~

みなさんもぜひ食べてみてくださいね!

 

アメリカにも中華料理はあります。

有名なのはテイクアウトのものとビュッフェスタイルのものです。

テイクアウトはあの有名な白い箱に入ってくるのですが、

とても美味しいですよ!

よく使ってた店はYoung Chowというお店です。

アメリカの中華は価格が安く、

日本人の味覚にも合うのでよく行った記憶があります。

でも本場の中華とは違い、アメリカ人の味覚に合わせて作られているものもあるそうです。

アメリカンな中華も中々いいですよ~。

テイクアウトの箱で食べるっていうのも中々乙なものです。

 

 

それぞれの文化に戻って独自の進化を遂げる。

それはNFLOの生徒も同じ感じかもしれませんね。

中国で学んだことや体験したことを持ち帰り、

それぞれのフィールドに羽ばたいていく。

 

是非みなさんの進化のお手伝いをしたいと思います!

くどいようですが、願書の受け付け締め切りまで

あと2週間を切りました!

中国語の出来る人材というのは英語の出来る人材に比べると少ないです。

またその両方が出来る人材は稀有です。

そんな人材がこれから必要となります。

両方を身につけられるのは北京外国語大学が一番の環境だと思います。

どうせ一歩踏み出すなら、他の人よりも先を目指したいですよね。

一歩先の未来へ、羽ばたきましょう!

願書をお待ちしてます!

 

NFLO東京オフィス

本間