NFLOブログ

愛にこたえるホワイトデー

2017.03.10

みなさんこんにちは。
北京外国語大学中文学院NFLO東京オフィスの本間です。

 

さて気温も少しづつですが上がり始めて、

花粉症の本間にはツラい季節の到来となりました。

100歩譲ってくしゃみは良くても、

それに伴って頭が痛くなるのは毎年のことながら慣れないものです。

実はこの花粉症、中国ではほとんどないらしいです!

これは杉の木があまりないからだそうです。

羨ましい!!

ちなみにアメリカでも経験上、花粉症はありませんでした。

こうなってしまうと正に日本の国民病の一つですね!

花粉の時期は休みにすればいいのに(笑)

 

 

3月も中旬になってきました!

新年度のパンフレットの発表はもう少し待ってくださいね。

今回は大幅にリニューアルしてパワーアップしますよ!

 

3月中旬と言えば来週はホワイトデーですね!

今回のブログのタイトルもホワイトデーが始まった時のテーマです。

このホワイトデー中国でも定着し始めているとか。

中国では「白色情人節」って言うらしいですよ。

少し違うのは中国ではバレンタインデーもホワイトデーも

男性がプレゼントを贈るそうです。

ちなみにバレンタインデーは「情人節」だそうで、

情人=恋人、つまりは恋人の日という感じみたいですね!

日本語でも情人は恋人という意味でありますよ。

あまり使いませんけどね。

 

語源的に見てこの「情」というのはどういう意味でしょうか?

「情」は簡単に言うと「心」と「青」で出来ています。

中略しますが、それの持つ意味合いは「青く澄み切る」、

「偽りのない心」というものになります。

男は「情」からも恋愛に発展することもあると言います、

それは偽りのない心から相手を見ることからなのかもしれません。

それでは「愛」はどのようなものでしょうか?

愛は「頭を一生懸命巡らせる人」と「心」と「足」の象形から出来ています。

意味的には「大事・大切にする・好きな気持ちが相手に及ぶ」となっています。

ここから「愛」の根幹が見えるようにありますね。

相手に気持ちが及ばなければ、「愛」ではないということです。

自身の中でもつれた糸にけじめを付け切ろうとしても切れない意味を持つ「戀(恋)」とは違い、

「愛」は相手に気持ちが伝わっている前提です。

この「愛」を伝えるのが一番難しくも、重要なものです。

 

 

「白色情人節」は男性が女性に愛を伝える絶好のチャンスです。

しかし失敗してしまう男性も多いと思います。

それは男性と女性の価値観の違いにあります。

男性というのは形でモノを示す特徴があります。

プレゼントなら見栄えのあるもの、高いもの、大きなものなどを

選んでしまったりします。

しかしながら女性はモノよりも感情を重視します。

プレゼント自体のモノよりも、プレゼントを貰った空間を大事にします。

それだけではなく日常の中での共感や感情を重視します。

なのでせっかくいいプレゼントをもらっても、

デートプランが楽しくなければ、台無しです。

私もそれで失敗してしまった苦い経験があります。

なので男性は女性と過ごす瞬間を大事にして、

多少見栄を張るのも良いですが、

自らの感情は素直に、そして真摯に伝えてください。

見栄というのは偽りのない心の前では邪魔なはずです。

頑張りましょう!

 

 

愛というのは色々種類があります。

宗教によっても捉え方は様々です。

家族愛やファンであるというところにも愛はあります。

色々ある中でも恋愛は一番つらく、苦しいのではないでしょうか?

楽しいことだけでは済みません。

「愛は、お互いを見つめ合うことではなく、

ともに同じ方向を見つめることである。」

と『星の王子さま』で有名なサン=テグジュペリは言います。

お互いに愛し合うことが出来ても、同じ方向を見つめることはとても難しいことです。

カップルには段階的に越えていかなければならない壁があります。

何かお互いに不安を感じたなら、今一度同じ方向を見つめているかを確認しましょう。

 

 

さてホワイトデー前ということもあって、

少しロマンチックな話題になりました。

色々なものを積み重ね、背負うと、

見栄というのも出てしまいます。

でも大切な人の前だけでは、

ありのままの自分を出すことが出来ればいいですね。

 

まだ愛する人を見つけてない人は、

そういう人を見つけましょう!

 

NFLO東京オフィス
本間